Author Archives: kozoji

Bykozoji

2016/10/18『真心が形を呼ぶ』

近頃では自宅での法事が少なくなりました。ほとんど家庭がお寺や葬祭ホールを使います。どこで行おうと、軸がしっかりしていれば問題はありません。しかし「客」と感覚が少しずつ変わってきたように感じられます。
仏事での「客」とは、ご本尊、諸尊、神々、そして供養する魂(亡き方)をお迎えすることを指します。しかし人を大勢招く法事になると、この気持ちを忘れてしまい「客」は自分たちになっている場合が多いのです。自宅はともかく、葬祭ホールなどではサービス業として成り立っていますから、そつのない接待に施主さえが「客」となってしまい、本来を見失ってしまうケースが増えているのです。
先日、珍しく2つの法事がいずれも自宅で営まれました。1つめは若くして息子さんを失ったご家庭でした。奥様も病に伏し、ご主人が懸命に菩提を守っておられました。以前はずいぶん荒れた印象を受けました。朝からお酒を飲んだり、暴言を吐いたり……腫れ物に触るような感じの印象でした。
その過去を思うと少し不安がありましたが、私はいつものように仏前にて衣帯(えたい=衣や袈裟のこと)を整え、香を点しました。そして読経を始めました。すると不思議なことに、目の前がスーッと明るく拡がり、お経がスルスルと口から滑り出る感覚になりました。これを音成仏(おんじょう)とでも呼ぶのでしょうか。なんのストレスもなく、お香の甘い香りが鼻をくすぐり、灯明の明かりは白く見え、時が経つのを忘れるほどの気持ち良いお勤めが出来ました。
後で伺うと「いろいろあったけん、朝だけはキチッと手を合わすことにしたんです。手を合わしていると仏壇の穢れやお供え物の不具が気になって仕方ない。だから毎朝、左右対称にキチンと整えるようにしているんです。特別のことは拝んでいないけど、決まったことを淡々と唱えていると生活が明るくなってきたんよね。」と笑顔で語ってくれました。
もう1つは老いたご主人を看取った奥様に招かれました。「年が行ったからなーんにも出来んけどね……。」と申し訳なさそうにおっしゃる仏前は、小さな空間でしたが完璧に仕上がっていました。そこに先日、お寺から送付した封筒も供えられていました。私が「これはなぜに?」と訊ねますと、奥様は「いま世話人を仰せつかってるでしょ。お寺の行事案内が届いたから主人に報告してね。そうしたら、見やすいように配れる工夫をせい!と言われた気がしたから、それぞれをクリップで止めてね。このあと組内(担当の町内)に配りに行くんです。お寺からの案内は仏様のお声じゃからね。」と合掌して下さいました。そのあとの法事が心地よく修められたことは言うまでもありません。
難しい理屈や厳しい修行だけでない「気持ち」という部分。形だけじゃダメですよね……と口ではわかっていても、真心が形を呼ぶのではないか、と教えられたような気がします。『信は荘厳なり』、そこに供養は行き届くのでしょうね。
Bykozoji

こうぞうじ檀家塾『おかんき入門』

お檀家さんなら一度は唱えたことのある『おかんき』は真言宗の仏前勤行次第が基になっています。この塾では、ご法事やご祈祷、お遍路でもお馴染みの『おかんき』をわかりやすく解説し、正確に唱えられるようにご指導いたします。一度学んでおけば、ご家庭でのお勤めや日常生活にたいへん役立ちますし、同時に「仏教とは?」「悟りとは?」「供養とは?」という根本的な目からウロコのみ教えも学べます。塾の終わりには、皆さんでご一緒に正しいお唱えして塾を締めくくります。この機会にぜひご参加ください。

・日 時  平成28年11月23日(木・祝)10:00〜11:30

・場 所  高蔵寺客殿
・資 格  高蔵寺檀信徒
・会 費  無料
・持参品  おかんき本(持っている人のみ)、筆記用具、数珠
・その他  イス席で学びます
・申込み  高蔵寺(086-465-2744)まで

Bykozoji

2016/10/17『御仏に向けて』

当寺の秋大祭『施薬祭(せやくさい)』まで一週間をきりました。準備も大詰めといったところです。もともと、新客殿落慶を記念して「威光倍増(いこうばいそう=神仏の功徳がいつまでも続き、ますます大きく増えますように)」を願って始まったお祭りです。今年でもう11回を数えます。

当初はあれもこれも、住職である私自身が走り回って準備をしてきましたが、近年は誰に何を言わなくても、開催が近づいてくると、各方面から信者さんが集い、それぞれの持ち場をそれぞれのペースで作務(清掃)してくださり、どんどん捗ってお互いの負担はずいぶん軽減されています。

信仰とは「モノの向きを整える」ことだと思います。モノとは「何に向いて手を合わせるのか?」という部分です。よく、住職やお寺の者に対して苦言をする人がいますが、その口々には「アナタ(住職やお寺)のためを思って申している」というニュアンスが出てきます。でもそれを「ご本尊のために」「我が先祖のために」と矛先を変えてみると、それはずいぶん意味が変わってくるのです。

私が過去に修行した道場で一番凄いと感じたことは「作務したい気持ちにさせる」ことをモットーにしていることでした。誰ともいわず、スッとしゃがんで雑草を抜く。常に箒の掃き音がしている。香炉がいつみても真っ新である。そうせずにはいられない空間……。

「あそこが汚い」「あれが乱れている」「あっちのゴミを拾うべきだ」……そんな声の前に自身の手が出ること、それを「精進」と呼ぶのでしょう。気づいたら、自身が動けば良いのです。精進の場こそが神仏を祀る境内なのですから。これが理解出来ると喜捨の真意も見えてきます。

まだまだ住職として至らぬところはたくさんありますが、この時期になると、それぞれが「ご本尊に奉納」という気持ちをもって、自主的にご奉仕くださることは何よりも誇らしいことです。

ぜひ次の日曜日は高蔵寺へお参りください。

Bykozoji

『法話な日記』更新しました

過去の『法話な日記』を含めて少しずつ更新していきます。

Bykozoji

2016/10/16『成就の条件』

真言宗のお寺には日々たくさんの祈願(お願いごと)がきます。交通安全、合格祈願、無事成長、病気平癒、良縁成就……など、さまざまです。

僧侶は願主(お願いをする人)と神仏を繋ぎ、加持(かじ=より善きあるべき方向に導く)という祈祷によって祈願を成就させます。それにはもちろん手応えも存在しますし、成就しない原因も見えてきます。

先日、おもしろい事例がありました。同時期に2人の方から同じ内容の祈願がありました。2人は性別、年格好は同じでしたが、お住まいや生活環境はまったく異なりました。

そして私は同じ期間しっかり祈願しました。Aさんは「祈願の料金はいくらですか? いつぐらいに願いは叶いますか? それは実感できますか?」とせっかちに訊いてこられました。Bさんは「ありがとうございます。私自身はどのように日々祈ればよろしいでしょうか?」と訊いてこられました。

私は「すでに成就しています。どうぞ、しっかり感受(受け止めて)ください。御礼に関しては、ご本尊に対してですのでお気持ちでけっこうです」と丁寧にお答えしました。

数週間経ち、Aさんは不服そうに「実感が得られない。本当に効いているのか?」と催促してきました。Bさんは「何か変わりつつあります。引き続きお願いいたします」と手を合わせました。私は2人に同じ対応をして、成就に役立ちそうな資料と書籍を2人に授けました。

後日、Bさんが興奮気味にお礼参りに上がられました。「先日、授かったお札の前で祈ったあと、頂いた書籍をパラパラとめくりましたら、私の悩みについての詳細がありました。何気なしに読んでみたら、そこに大きなヒントが載っていました。慌てて、日常にその方法を取り入れたら、昨日スッと成就したのです!」とご報告してくれました。

その後、Aさんから電話がありました。「せっかくお願いしましたが、あのお寺では何の功徳も得られない。他の方法を考えたい……」と。

私は残念な気持ちにはなりませんでしたが、ふと「近道と遠回り」って何だろう? と考えました。人は目標に向かってまっすぐ進みたがります。しかし生きていると、ピンボールの台のようにたくさんの釘にぶつかります。そう、思うようには進まないのです。ぶつかって、弾かれて、引っかかりながらゴール(成就)をめざしているのです。

ここに登場したAさんとBさんの差は各々が感じることだと思います。ただ1つ言えることは、祈祷で直接的に功徳を得るのではなく、素直な心で共に精進を重ねていくと『わらしべ長者』のごとく、些細な事が大きな徳分に変化して、結果的に気づかぬくらいのスケールで功徳の中に生かされている。それに気づけるかどうかは本人次第……成就の条件はその辺りにヒントがあるような気がします。