2018/01/31『祈願の所在』

Bykozoji

2018/01/31『祈願の所在』

祈願について、ときどき「なぜ祈願には名前と生年月日、それに数え年と住所が必要なのですか?」という質問を頂きます。その人からしてみれば、加持祈祷に「なぜ、そのような俗的なデータが役に立つの?」という気持ちがあるのかもしれません。また「もしそれが間違っていたならどうなるの?」というような勘ぐりもあるのでしょうか。

 

私もそのへんの解釈は曖昧で、詳しい願主の略歴や病気の症状を渡されてもピンとこない時もありますし、雑談でうかがった空耳程度の願事がポンと成就することだってあるんです。ただ、若き頃に師匠に訊ねたことがあって、その答えは「例えば一つの大きな作業を成すとき、たくさんの職人を集めたとしよう。お前はそこの最高責任者で、こと細かく作業指示を出す立場である。そんなとき漠然と名前を知らずに人を動かそうとすると混乱が生じる。 『○○さん、この作業をしっかりとお願いします』、『□□君、あそこは丁寧に頼んだぞ』というように責任の所在をしっかり示せば各々の動きは活発となる。祈願においても同じだよ」と。

 

そこには親しさや重要性も加味されますから、お顔を見ただけで、お声を聞いただけで「この人」だと確定できる付き合いもあれば、まったく存じない人もいるわけで、そういった日常の付き合いのごとく、祈りの世界にも「所在を明らかにして認知する」ことが重要なのだと思います。

 

余談ですが、ずいぶん前のことです。行者として駆け出しの私は毎日お堂にこもって祈願をしていました。まだまだ願主は少なかった。それでも一人で責任を感じて懸命に祈る日々を送っていました。ある日のこと、有名な菓子会社の方から「おかげさまで危機を脱することが出来ました。夢にそちらの名前が現れたんです。そのあと奇跡が起こりました!」と電話があったのです。受話器の向こうはすごく興奮気味でした。私は戸惑いながらも「はあ、はあ……」と気のない返事をしながら頭の中で心当たりを探りました。でもぜんぜん思い出せず、心当たりも見つかりませんでした。

 

翌朝、お堂に座って「アッ!」と声を挙げてしまいました。仏前に上がったお供え物の段ボール箱にその会社名があったのです。冗談みたいな話ですが心当たりはそれしかありませんでした。毎日祈願する中で、その箱が無意識に目に入り、知らぬうちに一緒に拝んでいたのでしょう。そんな経験から「願主の所在」は重要だと私は信じています。