2017/06/14『72兆個の染みわたる』

Bykozoji

2017/06/14『72兆個の染みわたる』

弘法大師・空海さまがおっしゃるには、私たちの身体は72兆個の蟲(細胞)から出来ています。高野山の修行では以下の偈文を毎食前に唱えます。
 
【蟲食偈】
我身中有八万戸
(わたしの身体の中には、八万の家があり)
一一各有九億蟲
(その一つ一つに九億の細胞がいる )
済彼身命受信施
(今、彼らの活躍を願い、この食事を施しとする)
 我成佛時先度汝
(自身が仏に成るには、まず細胞たちを成仏に導くことである)
 
現代科学では60兆個だといわれる細胞の数ですが、1200年前に空海さまのおっしゃった数のほうが上というは驚きです。このために大自然に御身と投じて、じっくりお時間をかけてご修行なされたのでしょうね。
 
健康とはその72兆個が「善意」をもち、それぞれがそれぞれの役割をストレスなく活動してくれることです。例えるなら、大型船である自身のクルーは72兆個の細胞であり、意識とか自我と呼ばれるものは「船長」でしかありません。その船長がやさぐれたり、自分本位に突っ走ってしまうと、当然、クルーは不満と不調を訴えてきます。
 
だから「死にたい」なんて口にするもんじゃありません。いや、想うことすら72兆個のクルーに悪影響を及ぼします。もっといえばお互いが争うことや、卑下しあることもクルーにとっては辛く悲しいことなのです。
 
ある大病を患われた男性が「死ぬほどの痛みと苦しみに耐えかねて病院のベッドの上で死のうと思って泣いていた。しかし医者や看護師の献身的な治療、親族の懸命な看護、そして放っておいてもヒゲも髪も爪まで伸びる。死のうと思っているのは自我のワガママであって、命は常に生きようとしてるのだと気付いたら元気が湧いてきた」とおっしゃっていましたが、正にその通りだと思います。
 
しっかりとした意識をもって「自虐は最低の行為だ」と肝に銘ずるべきです。日本人が使う「五臓六腑に染みわたる」という表現はまんざらでもなく、72兆個に染みわたらせる意識で生きていきましょう。