2016/10/17『御仏に向けて』

Bykozoji

2016/10/17『御仏に向けて』

当寺の秋大祭『施薬祭(せやくさい)』まで一週間をきりました。準備も大詰めといったところです。もともと、新客殿落慶を記念して「威光倍増(いこうばいそう=神仏の功徳がいつまでも続き、ますます大きく増えますように)」を願って始まったお祭りです。今年でもう11回を数えます。

当初はあれもこれも、住職である私自身が走り回って準備をしてきましたが、近年は誰に何を言わなくても、開催が近づいてくると、各方面から信者さんが集い、それぞれの持ち場をそれぞれのペースで作務(清掃)してくださり、どんどん捗ってお互いの負担はずいぶん軽減されています。

信仰とは「モノの向きを整える」ことだと思います。モノとは「何に向いて手を合わせるのか?」という部分です。よく、住職やお寺の者に対して苦言をする人がいますが、その口々には「アナタ(住職やお寺)のためを思って申している」というニュアンスが出てきます。でもそれを「ご本尊のために」「我が先祖のために」と矛先を変えてみると、それはずいぶん意味が変わってくるのです。

私が過去に修行した道場で一番凄いと感じたことは「作務したい気持ちにさせる」ことをモットーにしていることでした。誰ともいわず、スッとしゃがんで雑草を抜く。常に箒の掃き音がしている。香炉がいつみても真っ新である。そうせずにはいられない空間……。

「あそこが汚い」「あれが乱れている」「あっちのゴミを拾うべきだ」……そんな声の前に自身の手が出ること、それを「精進」と呼ぶのでしょう。気づいたら、自身が動けば良いのです。精進の場こそが神仏を祀る境内なのですから。これが理解出来ると喜捨の真意も見えてきます。

まだまだ住職として至らぬところはたくさんありますが、この時期になると、それぞれが「ご本尊に奉納」という気持ちをもって、自主的にご奉仕くださることは何よりも誇らしいことです。

ぜひ次の日曜日は高蔵寺へお参りください。