お知らせ

Byyomairi

高蔵寺星祭(節分祈祷)1月28日〜2月3日


クリックするとPDFファイルで見ることが出来ます。

星祭は、弘法大師より今に伝わる真言宗の秘法です。当寺では人の運命を司る星(神々)の配置が大きく変わる一月二十八日から二月三日まで、秘法護摩を連続で修し、一年の厄払いをします。

厄年の「厄」とは蛇が脱皮をした状態という説があります。これは成長のための変化ですが、その時の皮膚はやわらかく、病や天敵に襲われやすいという例えです。いたずらに畏れることはありませんが、猛スピードにブレーキを踏むが如く、信心を持って己を省み、さらなる活躍のために謹んで過ごす時期だと云われます。

下記の申込用紙をプリントアウトして、必要事項をご記入のうえ、現金書留(一願・七千円)にてお申し込み下さい。お守り(もしくはお札)は2月3日に順次発送(郵送)します。

◯星供養申込書→ 星供養申込書令和6年(赤)

宛先

〒710-0803 岡山県倉敷市中島186
  高蔵寺「星供養」係

  電話 086-465-2744

・一願 七千円
・〆切りは一月二十五日必着です。

Byyomairi

YouTube「天野こうゆう法話チャンネル」

高蔵寺では住職によるYouTube「天野こうゆう法話チャンネル」を運営しています。毎朝7時からは「朝勤web」をライブ配信しております。

天野こうゆう法話チャンネル

Byyomairi

◎令和6年月例行事

令和6年
高蔵寺月例行事

・1月7日(日)14時〜「初薬師」
・1月28日(日)〜2月3日(土)「星供養(節分祈祷)」※参拝不可
・2月7日(水)10時〜「月例護摩」
・3月7日(木)10時〜「月例護摩」
・4月7日(日)10時〜「花祭り・月例護摩」
・5月7日(火)10時〜「月例護摩」
・6月7日(金)10時〜「月例護摩」
・7月7日(日)10時〜「月例護摩」
・8月15日(金)19時〜「仏送り・月例護摩」
・9月7日(土)10時〜「月例護摩」
・10月7日(月)10時〜「月例護摩」
・11月7日(木)10時〜「月例護摩」
・12月7日(土)10時〜「月例護摩」
・12月31日(火)23時30分〜「迎春護摩」

Bykozoji

住職の法話集、絶賛発売中!

住職の法話が一冊の本になりました。お寺で販売しておりますが、ネットでも購入できます。ぜひお求め下さい。

Bykozoji

初薬師のしおり

明後日(7日・昼2時〜)厳修いたします『初薬師』のしおりが完成しました。当日受付にて配布いたします。裏面は法要にお唱えするお経とご真言が掲載されています。

以下の内容を初めてお参りする方のために一足お先にアップしておきます。当日の流れを前もってご確認くださいませ。


高蔵寺新年大祭『初薬師』について

初薬師は、高蔵寺に約四百年続く無病息災の秘法です。お薬師さまの炎の中に供物を捧げ、皆さんの願い事を記した護摩木を投入し、おかげを授かります。ご本尊に仕える十二神将(その年の干支神)を特別安置し、十二年に一度、年変わりのご縁を結んで頂きます。

◇流れ(天候などにより変更する場合があります)

・13:30〜 受付にて、お供えください。(金額は随意) 護摩木(一願・500円)をお申込みください。
・14:00〜 客殿から上がり、本堂にて大護摩を厳修します。
・15:00〜 客殿に移動して法話をお聴きください。
・15:15〜 そのまま芸能奉納(落語)をお楽しみください。
・16:00〜 境内(もしくは堂内)にてお接待をお受けください。 ※境内テントにてお土産を販売しております。