お知らせ

Bykozoji

◎第2回こうぞうじ檀家塾『法事入門』

先祖供養でもっとも身近な仏事『法事』について根本から学びます。なぜ法事をするのか? 法事をすればどうなるのか? 法事の準備や飾り方、その心構えは? といったことから「お布施につかう水引の色は?」「どう書いたらいいの?」など一度学んでおけば、たいへん役立つ内容満載です。同時に「み教えと迷信」についても解明しますので、目からウロコの仏教雑学も学べます。この機会にぜひご参加ください。
 
・日 時  平成29年3月18日(土)10:00〜11:30
・場 所  高蔵寺客殿
・資 格  高蔵寺檀家
・会 費  無料(お供えは随意)
・持参品  おかんき本(持っている人のみ)
      筆記用具、数珠
・その他  イス席で学びます
・申込み  高蔵寺(086-465-2744)まで
Bykozoji

お詫びと訂正

先般お配りしました『高蔵寺だより・新年号(125号)』の「吉凶早見表」に誤りがございました。ブルーの部分に誤植がありました。ここにお詫びして訂正いたします。

 

Bykozoji

今年の芸能奉納は『落語』

明日(1/07)の『初薬師』では、芸能奉納として桂米裕さんによる落語をお楽しみいただきます。米朝一門であり、真言僧侶でもある米裕さんの至極の話芸にご期待ください。(*落語のみのご参加はできません。あらかじめご了承ください。)

Bykozoji

酉年限定の縁起物

住職手作りの酉年の縁起物が完成しました。明日(01/07)の『初薬師』にて限定販売いたします。お不動さまはカルラという火の鳥、孔雀明王さまは文字通りクジャクに乗った「酉年バージョン」の彩色となっています。10体限定(1体・千円)です。

Bykozoji

初薬師のしおり

明後日(7日・昼2時〜)厳修いたします『初薬師』のしおりが完成しました。当日受付にて配布いたします。裏面は法要にお唱えするお経とご真言が掲載されています。

以下の内容を初めてお参りする方のために一足お先にアップしておきます。当日の流れを前もってご確認くださいませ。


高蔵寺新年大祭『初薬師』について

初薬師は、高蔵寺に約四百年続く無病息災の秘法です。お薬師さまの炎の中に供物を捧げ、皆さんの願い事を記した護摩木を投入し、おかげを授かります。ご本尊に仕える十二神将(その年の干支神)を特別安置し、十二年に一度、年変わりのご縁を結んで頂きます。

◇流れ(天候などにより変更する場合があります)

・13:30〜 受付にて、お供えください。(金額は随意) 護摩木(一願・500円)をお申込みください。
・14:00〜 客殿から上がり、本堂にて大護摩を厳修します。
・15:00〜 客殿に移動して法話をお聴きください。
・15:15〜 そのまま芸能奉納(落語)をお楽しみください。
・16:00〜 境内(もしくは堂内)にてお接待をお受けください。 ※境内テントにてお土産を販売しております。