2017/02/04『御仏の豆まき』

Bykozoji

2017/02/04『御仏の豆まき』

ちょっとだけ「不思議な話」を綴ります。昨日の節分までの1週間、護摩法でこの1年の「息災延命」を祈りました。いつもよりはすこし強くアクセルを踏んだ感じです。
 
昨日の二十一座目の最終座、すこし面白いことが起きました。護摩には「五穀・ごこく」という供物を淨炎に投げ入れる作法が数回あるのですが、最後の最後に全てを投入して祈願し、次の作法に移った瞬間のことです。
 
バチ!バチ!ポン!ポン!と(なんだか昔話の擬音みたいですねw)窯の中が騒がしくなって、次の瞬間「痛っ!」と手や顔にチクチク痛みが走ったのです。夢中だったのにさすがに我に返り、よく見てみると五穀の中の大豆だけが窯の外、四方八方に飛び出て、その一部が我が身にも当たっていたのです。
 
そのバチ!バチ!ポン!ポン!はしばらく続きました。すべてを修め、座を改めて観察しますとキレイ(?)に大豆だけが散らかっていました。
 
そういえば、昨日は「節分」でした。節分といえば「豆まき」です。その豆は主に大豆が使われます。「魔の芽が出ぬように」と煎ってからまくのです。豆まきの由縁はさまざまありますが、ひょっとしたらこういう神変(じんぺん=念ずることによって起こる目の当たりに出来る結果)がいろんな伝わり方をして今に残っているのかもしれません。もちろん個人的な想像の域を抜け出すことはありませんが、仏さま(ここでは不動明王さま)が魔除けとして、私たちに代わって豆まきをしてくださったのかもなぁ……そう思うとなんだかホッコリした成就感に包まれたのでした。